リアイム

アウトプット&知識の共有

Cicada3301 謎の暗号 世界中のハッカーやプログラマーでも解読不可能

 

インターネット上にあった謎の暗号「Cicada3301」をご紹介します。

 

f:id:a1t2s2u2:20200323172559p:plain

 

Cicada3301は2012年の1月にスウェーデン人のコンピュータ・アナリストであるJoel Erikssonさんが見つけた謎の暗号です。

 

ネットサーフィンをしていたErikssonさんは、あるインターネットフォーラムで

 

こんにちは。我々は知能レベルが極めて高い人間を探しています。我こそはという人は、この画像に隠されたメッセージを見つけ出してください。メッセージは我々にたどり着く道しるべになっています。3301

 

という書き込みを発見します。

 

Erikssonさんは暗号解読に自信を持っており、すぐに画像の解読を開始しました。

そして解読開始から数分後にはローマ帝国の第4代皇帝であるティベリウスクラウディウス・シーザーを示すメッセージとでたらめに並んだ文字列にたどり着いています。

 

f:id:a1t2s2u2:20200323172628j:plain

 

Erikssonさんは、ガイウス・ユリウス・カエサルにちなんで名付けられた暗号化方式のカエサルの暗号を使って、でたらめに並んだ文字列を解読することにします。

その結果、Erikssonさんは1つのURLにたどり着きました。

 

 

そのURLにアクセスすると

おとりに引っかかりましたね。どうやらあなたに暗号を解読するのは不可能のようだ

というメッセージとアヒルの画像が表示されました。

f:id:a1t2s2u2:20200323172844j:plain

 

トラップに引っかかってしまいましたが、アヒルの画像をOutGuessと呼ばれる暗号解読プログラムにかけてみたところ、新たなメッセージが現れました。

 

メッセージにはニュースサイトRedditのメッセージボードのリンクが隠されていました。

 

メッセージボードには、数時間おきに暗号化された文章が投稿されていて、その中にマヤ文明で使われていた数字が含まれていることに気づきます。

Erikssonさんがなんとかしてメッセージボードの文章を解読すると、また別の暗号が浮かび上がりました。

 

f:id:a1t2s2u2:20200323173141j:plain

 

 

 

その暗号を解読すると、Agrippaという詞に手がかりが隠されていることが示されます。

実は、Cicada 3301はErikssonさんだけではなく多くのインターネットユーザーを引きつけており、それぞれが独自の方法で解読したところ、暗号が示す解読の手がかりは、Erikssonさんが見つけたAgrippaだけではなく、他の本や音楽の曲のなかにも隠されていることが発覚。

 

 

英語圏の画像掲示板の4chanのユーザーたちが、Cicada3301の解読にチャレンジすると

この番号に電話しろ。214-390-9608

というメッセージが浮かび上がりました。

この番号に電話すると機械音声で

Cicada3301のオリジナル画像から素数を見つけて下さい

という内容のメッセージが流れました。

 

 

4chanのユーザーたちがオリジナル画像から素数を見つけ出し、もう一度暗号を解読したところ、カウントダウンをしている時計とセミ(Cicada)が表示されている「845145127.com」というURLのウェブサイトが発見されます。

表示されている時計のカウントダウンがゼロになると、ウェブサイトにはワルシャワ・パリ・ソウル・シドニーなど14の世界の主要都市が表示され、都市付近に住んでいるユーザーはすぐに街の隅々まで調査を開始。

すると、「QRコードがプリントされたポスターを見つけた」という報告が世界各地のユーザーから寄せられます。ちなみに日本にもあったそうです。

 

f:id:a1t2s2u2:20200323174101j:plain

 

 

発見されたQRコードはネット上に公開され、ユーザーたちによって解読されました。その結果Torアドレスが隠されていて、そのサイトには

我々が欲しいのは最上の者だけ。ただ付いてきただけの者は必要ない

というメッセージが表示されていました。

Torは接続経路の匿名化を実現するためのソフトで、ダークウェブにアクセスする際にも使用されます。

 

これでCicada3301を解読する手がかりは途絶えてしまいます。

 

数カ月後Reddit

我々は求めていた人間をついに見つけました。これで長い旅路は終了します

というCicada 3301からのメッセージが投稿され、Cicada3301を解読する手がかりは無くなりました。

 

 

 

ですが、2013年1月4日に

高度な知能をもった人間を探すことをもう一度再開します

というメッセージが新たな画像とともに投稿されます。

 

前回と同様、隠された暗号を解いていくと、今度は7つの年にたどり着きます。しかし、そこから新しい手がかりは見つからず、暗号解読はストップしている状態だそうです。

 

多くのハッカープログラマーがCicada 3301の暗号解読にチャレンジしましたが、解読に成功した人からCicada 3301を仕組んだ人物や組織についての情報は一切報告されていません。諜報機関のCIAやMI6が人材を探している、などと噂されていますが、真相は闇の中です。

f:id:a1t2s2u2:20200323175101j:plain

 

 

Cicada3301のメッセージをもう一度確認してみましょう。

つまり、Cicada3301を作成した組織(人)は優秀な人材を探していますよね。彼らはなぜここまで難解な暗号を作ってまで人材を探しているのでしょうか。

何か計画があるのかもしれませんね。

 

 

f:id:a1t2s2u2:20200323180517j:plain

 

記事を読んでいただきありがとうございます。

Cicada3301をご紹介しましたが、本当に不可解な暗号ですね。

もしかすると世界にこの暗号を解いた人がいるかもしれません。

僕は世界中の都市にQRコードを貼るくらいだから、大きな組織だと考えています。FBIやCIAが人材を探しているのかもしれませんね。

 

おすすめ記事

ストレスを解消する方法

重力の正体とは ダークマター

アルベルト・アインシュタインとは 最大の物理学者 相対性理論