リアイム

アウトプット&知識の共有

人工知能と人類の関係 新たな技術を開発するため

 

 

 

f:id:a1t2s2u2:20200318115846j:plain

 

新たな人工知能技術を開発するため最近ではどうすれば高知能な存在を創造できるのかを考えました。この記事では人工知能を僕の考えと共にご紹介します。 

  

 

 

 

人工知能とは何か

まずはこちらをお読みください。

 

この記事では人工知能に対する僕の考えをご紹介します。

まず、人工知能対してどのような印象を持っていますか?人工知能の仕組みを理解すると印象が大きく変わると思います。実際、僕も最初とは印象が大きく変わったと実感しています。

 

人工知能と人間の違い

 

メディアなどで「人工知能に仕事が奪われてしまう」と聞いたことがあると思います。計算やデータ入力作業などは単純な作業なので人工知能でも代行できます。

では、人工知能に代行させることのできないクリエイティブな仕事カウンセラーなどの感情がないためにできない仕事をすればいいのではないか。と考えたことはあるはずです。

 

本当にそうでしょうか?

本当に人工知能にできない仕事が存在すると思いますか?

 

 

人間は物質のやり取りによって思考し、行動します。

人工知能データのやり取りによって思考し、行動します。

 

この違いってそんなに大きいものなのでしょうか?

 

ロボットは人間と同様に物質で構成されています。人間もロボットも物質の塊です。この二つに違いはなく、ロボットも人間と同じように行動できると僕は考えます。

 

 

人工知能に限界なんて存在するのでしょうか?

 


 

人工知能の最終形態は人間

 

f:id:a1t2s2u2:20200413204105j:plain

最近の人工知能技術は人間の脳の構造を模擬しています。

 

まず、人間のすごさをご説明します。

人間のすごさ

 

ケガをしたとしても自然に治ります。

感情豊かな存在です。

クリエイティブな思考が可能です。

学習能力が高いです。

 

人間のすごさをあげていたら終わりませんね。特に学習能力が高いのは驚くべきことで、何回も行うことによってできるようになります。そして習得した技術は何も考えなくても自然とできるようになります。

 

 

例えば、最初は自転車にのれなかったのに練習を重ねるにつれてだんだんとうまく、こぎ進めるようになります。

この学習能力を人工知能に搭載したいです。

 

 

強化学習

強化学習とはとっても面白い人工知能の技術の一つであり、だんだんと人工知能が強くなっていきます。最近僕が見た動画をご紹介します。

 

最初は人間には全然敵わないくらいの強さでしたが、学習を重ねるにつれもう人間では敵わなくなるくらい強くなりましたよね。

 

 さらに面白い動画をご紹介します。

 

こちらは優秀なピカチュウを選んでいくものですよね。

 

これは地球と似ています。

優秀な生物は生き残ります。

例えば、キノコと毒キノコがあったとして、Aはキノコを、Bは毒キノコを食べるような生物であったなら、当然Aは生き、Bは死んでしまいます。

そしてこの死には大きな価値があります。生物は最初どちらを食べればいいのかがわかりません。ランダムで選びます。ここでキノコの方を食べた生物が残っていきます。

 

つまり、食べてはいけないものを食べる個体は存続することができないので、生物はどんどん食べていいものを食べるようになります。

 

 

地球にはとても長い歴史があり、それ全てが生物の洗練と考えるのなら本当に優秀な生物のみが生き残るのは納得できますよね。

現在存在する生物は洗練された生物なのです。

 

 

 

そして人工知能の最終形態が人間になるというのは地球の歴史が洗練だと仮定した時、人類は何万年という長い年月をかけて進化したので人工知能でも敵わないくらいの知能を持っています。

 

実際に人工知能技術は人間の脳の仕組みを利用しています。人間はすごい仕組みが備わっているためです。このまま人間を模擬し、最適化していくのならば人工知能の最終形態は人間になるということです。

 

ですが、人類は自分たちよりも高知能な存在を創造することは可能なのでしょうか?

現在、人類よりもコンピュータの方が計算速度は速いですよね。でも計算しかできないのならば人類の方が高知能な存在だと考えられます。

 

 

新たな人工知能技術

f:id:a1t2s2u2:20200526115742j:plain

画像認識を人工知能と人間で比べると、人間の方が高性能だと思います。

なぜこれほどまでに人間は処理速度が速いのか。

 

少し考えてみました…

 

 

素数

人の目の画素数は中心に行くにつれ多くなっていきます。つまり、中心が高画質です。

まっすぐ向いている時、左右に文字があったとしても読めませんよね。中央の文字だけ読むことが可能です。全てを認識することができない代わりに中央の物体を正確に認識することができるのです。

 

曖昧さ

曖昧さは人間特有のもので、コンピュータにはありませんよね。人は間違うことがありますが、コンピュータはありません。ですが、この曖昧さをわざと作ることによって処理速度が速くなると考えます。ですが、曖昧さを作るのはなかなか難しいです。

 

五感

画像認識の人工知能には画像を認識するための目のようなものがあります。

人は目だけで完璧に認識することは可能なのでしょうか?

立体的に認識しなければ理解できない場合もあります。例えば、unityなどで3D空間を作る時に空間把握できず、物体を変な位置に置いてしまうことがあります。これは平面では立体的に認識できないということを表しています。

 

 

 

 

記事を読んでいただきありがとうございます。

人工知能の最終形態はどうなると思いますか?

・人間の知能を超えた存在

・人間には負けてしまうが、計算が得意な存在

・ 人間と全く同じ存在

人工知能の新たな技術を開発し、その人工知能に世の中の様々な問題を解決してもらいたいですね。

 

おすすめ記事

 

  

 

 

 

アドラー心理学とは 【わかりやすく要約】 興味深い思想をご説明します

 

 

f:id:a1t2s2u2:20200520114541j:plain

 

 

アドラー心理学の内容を要約してご説明します。

 

 

アドラー心理学とは

f:id:a1t2s2u2:20200224150720j:plain

『嫌われる勇気』で有名なアドラー心理学ですが、この思想はとても興味深いものです。アドラー心理学を理解したい方はこの本から始めるといいと思います。

 

この本は哲人と青年の対話形式なのでとてもわかりやすいです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。


この記事では僕がアドラー心理学で特に重要だと思った考えをご紹介します。

 

 

 

トラウマを否定する

f:id:a1t2s2u2:20200428120115j:plain

先ほどご紹介した記事の中でも書いてある内容なのですが、 人はトラウマのせいにすることがありますよね。

例えば、自分が不良になってしまったのは親の教育のせいである。などです。

 

ですが、どの家庭で育つかによって自分の人生は大きく変化するというのが一般的な考えですよね。

 

 

嫌われる勇気で青年は人は変わりたくても簡単には変われないと哲人に言います。

 

アドラーはこう考えています。

トラウマは存在しない。過去によって今が決まるわけではなく、いま現在自分がどうしたいかという目的に沿って行動し生きているというのがアドラー心理学の考え方であり、「人は変われる」ということを前提として考えていきます。

 

そして、トラウマは無いものだとして、過去の出来事に自分がどのような意味合いを持たせるかによってすべてが変わることを提唱します。

 

 

 

全ての悩みは対人関係の悩み

f:id:a1t2s2u2:20200314145009j:plain

こちらのサイトで嫌われる勇気でこの内容を読むことができます。

アドラーは全ての悩みは対人関係の悩みだと考えています。

 

私たちは社会の中(対人関係の中)で生まれ育ってきました。そして、これからも対人関係の中で生きていきますし、そこから離れることはありません。

そこで生じる悩みとは対人関係の悩みだと言えるのです。

 

たとえ、引きこもりのような方でもなんらかの形で対人関係のネットワークの中で生きているのです。対人関係の悩みを解消することができれば全ての悩みを解消できると言っても過言ではありません。

 

ではこれから「どうすれば対人関係の悩みを解消することができるのか」を課題の分離を用いてご説明します。

 

 

課題の分離

f:id:a1t2s2u2:20200314145528j:plain

 

課題の分離とは対人関係の悩みを解消させる有効な考えです。

 

 

アドラーは言いました。
全ての悩みは対人関係の悩みである

対人関係の悩みさえ解消させればいいのです。そして課題の分離とは、自分の課題と他者の課題を分離します。


そして自分の課題に他者は干渉してはならず、同様に他者の課題に自分は干渉してはいけません

 

※課題とは問題のことです。


自分がどんなにばかだからと言って他者の干渉は許されません。関わってきたところでどうにかなる問題ではないのです。

 

そして他人の人生を生きてはいけません。後悔しない人生にすべきです。他の誰のためでもなく自分のための。

他人からどう思われようと気にする方が馬鹿げている。無駄である。

もちろん、自分のためを思ってくれる人からの意見には耳を貸すべきです。

問題なのはSNSなどで批判をしてくるような人。

自分が信頼を持った人と話し合うべきです。

 

 

横の関係

f:id:a1t2s2u2:20200312182857j:plain

まず、縦の関係を説明します。


これはとてもわかりやすいもので、例えるなら上司と部下の関係。

上司の命令には『はい』か『YES』で答えろ

のような関係は完全に縦の関係です。ここで重要なのが上下関係が存在する点

 

 

アドラー横の関係を結ぶべきだと言っています。
横の関係とは上下関係がなく、皆仲間であるという共同体的な考えです。


その共同体は家族のみではありません。学校や職場だけではありません。言ってしまえば、全宇宙の共同体なのです。

 

あなたには敵がいない。
皆仲間であり、横の関係を結んでいるのです。他人からの評価なんて千差万別であり、少しだけ参考にする程度でいいのです。

 

重要なのは誰もが競争相手ではなく、協力することができる仲間なのです。

 

 

横の関係はいかなる状況においても重要だと考えます。

学校における教師と生徒の関係は縦の関係だと言えます。この関係も横の関係に直すべきなのです。

 

教師がそのような立場になってしまっていいのか?

学校の不良達がいるから縦の関係を結ばざるを得ないのですよ!

と思うかもしれません。

 

こう考えるのが自然です。なぜなら私たちはすでに学校という縦の環境下で育ってきました。その縦の関係こそが当たり前であり、横の関係を理解する方が難しいくらいです。

 

f:id:a1t2s2u2:20200520113119j:plain

 

実は青年も教師になり、不良な生徒達との接し方を哲人にといます。

アドラーの考え方はやはり、教師という立場においても横の関係を結ぶべきだそうです。これを全て説明するのは難しいので簡単にまとめます。

 

私たちには尊敬が必要で、教師が生徒に尊敬していないともちろん、生徒も教師を尊敬することはありません。

 

お互い尊敬しあった立場を築くべきなのです。

 

 

本当に簡単にまとめてしまいましたので、もっと詳細が知りたいという方は是非嫌われる勇気をお読みください。

 

 

続編の「幸せになる勇気」もあり、こちらも興味深い内容です。続編ですので、嫌われる勇気を読まなければ内容が理解しにくいです。先に嫌われる勇気を読むことをお勧めします。

 

 

 

記事を読んでいただきありがとうございます。

アドラー心理学の考え方はとても興味深いですよね。心理学という名前がついていますが、どちらかというと僕は心理学より哲学の方が現代人の感覚に近いと考えています。

ですが、心理学の内容も面白いので下でご紹介しますね。

 

おすすめ記事

 

  

 

 

 

 

 

内容に間違いがあったり、誤字脱字を見つけは場合は

・コメント

・お問い合わせフォーム

Twitter@riaimu1222

で教えてください。

 

不思議な物質 一覧 常識が通用しない! 信じられない性質

 

 

f:id:a1t2s2u2:20200518223707j:plain

 

 

 

最近化学についての記事を投稿していたのでそれに関連した内容にしました。今回は『不思議な物質』をご紹介します。

 

 

世界には様々な物質が存在していますよね。なかには常識が通用しない物質があるかもしれません。物理法則に反していないか!?と疑問に思うかもしれません。

注意:ヒッグス粒子や量子、ひもなどではありません。ですがそちらも面白いので是非見てください。

 


 

 

 

では不思議な物質をいくつかご紹介します。

 

 

f:id:a1t2s2u2:20200306095514j:plain

化学式:H2O

 

え?水って不思議な物質なの?

 

と思ったかもしれません。とても身近にある物質なのですが、実は最も不思議と言っても過言ではない性質を持っているのです。

 

水は地球が誕生した約46億年前から循環を続けています。ということは水の総体量は変わっていないのです。さらに、今日あなたが触れた水は恐竜が飲んでいたのかもしれませんよ?

 

常温で液体として存在すること自体が異常なのかもしれません。

物質は一般的に分子量が大きくなるほど融点や沸点が高くなります。水とほぼ同じ分子量の水素化合物であるアンモニアやメタンは常温で気体です。さらに、水よりも分子量が大きい硫化水素までも常温では気体なのです。

つまり、通常の物質では気体であるはずなのに液体なんです!

 

 

 

 

まぁ地球上にたくさん存在している物質なのであまり「不思議だなぁ」とは思わないかもしれませんが、次からご紹介する物質は常識を崩壊させます。

 

 

ガリウム

f:id:a1t2s2u2:20200518220705j:plain

化学式:Ga2H6

 

ガリウムってなんだ?ってなりますよね。

実はガリウムという物質は常温で液体のように溶ける金属なのです。手で触るだけで溶けますし、部屋において置くだけでも溶けているかもしれません。

 

どのように溶けるかはこちらの動画を参考に

 

 

この動画ではおそらくお湯にガリウムでできたスプーンを入れているのでしょう。

 

驚きませんでしたか???

 

本当にアイスみたいに溶けていきましたね。youtubeガリウムと調べるとこの不思議な性質を利用した様々な実験が表示されるので是非調べてみてください!

 

 

実を言うと、常温で液体である金属はこのガリウムだけではありません

例えば水銀ですね。 ですが水銀の融点は約-39℃であるため、常温でなくとも溶けます。ガリウムは手の温もりやお湯などの温度で溶け出すからこそ面白い物質なのです。

 

 

 

疎水性素材 

f:id:a1t2s2u2:20200518220817j:plain

化学式:不明

 

どのような素材かというと名前からもわかるかもしれませんが、とっても水を弾くのです。この物質はオークリッジ国立研究所の研究者たちが開発し、自然界に存在するどんな物質よりも、より水を弾くそうです。

 

 

アメリカで発売された防水スプレー「ネバーウェット」の撥水効果が驚くべきものなので是非動画を見てください!

 

普通に雨の日に傘を持たずに外出しても、これさえあれば大丈夫なのかもしれませんね。

 

ちなみに調べたところ日本正規版もあるようですよ。 

アフィリエイトではありませんがリンクをご紹介しておきます。

(amazon:ネバーウェット日本正規版)

 

 

ラインエックス

f:id:a1t2s2u2:20200518220928j:plain

この物質はアメリカ軍・政府が認めた最強塗料です。アメリカ空軍が実施した耐爆風テストで27社の塗料の中からラインエックスのみが唯一合格したのです。政府機関及び重要施設の防護用としても採用されているそうです。

 

スプレーを使って噴射コーティングをすることによりコーティングされた物質の強度は信じられないほど高まります。

 

車などにも使用されているそうです。

 

こちらの動画を見ていただければこのスプレーの恐ろしさがわかるでしょう。

卵ですよ?スプレーをかけられた卵ですよ? 

 

これこそ信じられない物質ですよね。

 

 

おっと、さらに不思議なコーティング素材があるようですよ。

 

スターライト

f:id:a1t2s2u2:20200518222652j:plain

化学式:不明

 

スターライトは1980年代に素人の研究者であるモーリス・ウォードによって発明された物質です。特徴としては強度の高さ。理論上は核爆発にも耐えられる性質があるそう。 

モーリスさんはスターライトでコーティングした生卵を1200℃の炎で炙ってもその中身は生卵のままであり、別の実験では10000℃のレーザー光線の照射にもたえたそうです。

 

 

さらに、スターライトは有害物資を一切出さず、非常に軽量で液状・ペースト状・個体などの様々な形状でその性質を発揮できたそう。

 

やばくないですか?

 

 

どんなところで使われているの?

と気になるところですが、モーリスさんは製造法についての権利を決して手放したくなかったそうで、彼が亡くなったのに伴い、製造法も消えてしまったのです。

 

STAP細胞のような存在ですが、あなたは信じますか?

 

youtubeに「スターライトを作ってみた」という信じ難い動画があったのでご紹介しておきます。あれ、製造法って消えたんじゃ…?

 

 

まあ、とっても不思議な物質なのです。

 

 

 

 

 

記事を読んでいただきありがとうございました。

世の中には不思議な物質が存在します。人類が見つけたことのない物質だってきっとあります。もしかしたらその物質を見つけるのはあなたかもしれませんよ。化学の力ってすごいですよね。

 

「化学式:不明」が多くて申し訳ないです。化学式を知っている方は教えていただけると助かります!

 

 

誤字脱字を発見した場合、内容に間違いがあった場合はコメントかプロフィールからのお問い合わせフォームで教えていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

おすすめ記事