リアイム

アウトプット&知識の共有

三重らせん構造のDNA 超能力を持つ子供達の存在 超人類への進化か

 

 

f:id:a1t2s2u2:20200509125246j:plain

 

 

三重らせん構造のDNA 

DNAと聞くと何を思い浮かべますか?

f:id:a1t2s2u2:20200509125329j:plain

学校で習った方なら、上の画像のようにらせん状に絡んだ2つの鎖を思い浮かべたと思います。このらせん状の2つの鎖を二重らせん構造といいますよね。

細菌類など原始的な生命体以外の多くの生物は、この二重らせん状の物質によって種の性質を受け継いでいます。

f:id:a1t2s2u2:20200509130053j:plain

ですが、DNAに関する驚きの噂があります。

それはなんと二重ではなく、三重のらせんによって構成されたDNAを持つ子供たちがいるというものでした。その子供たちは身体的・精神的な優秀さの他にも超能力としか言えないような力すら持っているというのです。

 

本当に三重らせんのDNAは存在するのでしょうか?

 

一般的なDNA

三重らせん構造のDNAの前に一般的なDNAをご説明します。

f:id:a1t2s2u2:20200509125429j:plain

元々DNAは右巻き二重らせん状か、それが解けた状態の一本鎖状だけだと想定されていました。しかし、1953年の右巻き二重鎖DNAの発見から約20年後の1979年に左巻きのDNAが発見されたことで生物学会の常識は一気にひっくり返り、DNAの研究が一層進められるようになりました。

その結果、三重らせん構造、さらには四重らせん構造など今まで考えられなかった様々なDNAの構造をとることができると判明したのです。

 

ただしそれは、三重らせん、四重らせんのDNAが生物の体内に存在することを確認したわけではありませんでした。

 

これらは試験管でDNAという物質の温度を変えたり、溶液を酸性やアルカリ性に偏らせたり、またDNAの中にある何種類かの塩基配列と呼ばれる部分を科学的な方法で入れ替えることなどによって作り出したもので、DNAが細胞の中で本当にそのような構造そしているのかは全くわからないような状態が非常に長く続いていました。

 

ですが、2010年代になると、グアニン四重鎖構造(G4構造)と呼ばれるDNAの構造が存在し、またおそらくそれが人間の中にも存在しているらしいということが明らかになりました。

 

 

 

三重らせんDNAの子供達

2013年、アメリカのカルフォルニア州にあるアヴァロンウェルネスセンターで三重らせん構造のDNAを持つ子供達が存在するとセンターに勤務するブレンダ・フォックス博士が発表しました。

フォックス博士によると、

「DNAに突然変異が生じ、三重らせんのDNAを持つ子供が3人存在する」

f:id:a1t2s2u2:20200509125719j:plain

そして、このDNAを持つ子供たちは次のような特徴があるそう。

脳の活性化

長寿化

病気への耐性を持つ

これらは二重らせんよりも三重螺旋の方が構造として安定しているからと言われています。また、本来はジャンクDNAと呼ばれるDNAの中でもタンパク質を作る働きを持たない部分があるのですが、三重らせん構造のDNAを持つ子供達はこの領域を通常の人間よりもうまく活用できるため、離れた場所のものを動かす念力や、物体を浮遊させると言った超能力を持っているとフォックス博士は主張しているそうです。

 

フォックス博士の他にも三重らせん構造のDNAは人類の進化の一貫と考える人もおり、ニュータイプと言えるような新たなDNAを持つ子供達に期待する話もあります。

 

 

しかし、実は三重らせんDNAというのは、それより前から実験的には存在すると発表されています。特に遺伝子学の世界では、医療の可能性の1つとして熱心に研究されている二重らせん構造ではないDNAやDNAを構成している鎖の数によって三重鎖DNA、四重鎖DNAと呼ばれる存在は、1953年に発見された一般的なDNAの構造である右巻き二重鎖DNAに続いて、次々に発見されているのです。

 

 

ジャンクDNA

f:id:a1t2s2u2:20200509125844j:plain

ジャンクDNAの存在について詳しく説明します。

ジャンクDNAはDNAのなかで使われていない領域であるというわけではなく、まだ今は機能がわかっていない部分なのです。今のところ、DNAの中で人体を構成するタンパク質の構造へと翻訳される部分は3%程度でしかなく、その他の97%は現在ジャンクDNAと呼ばれる部分です。

 

しかし、そのジャンクDNAにあたる部分も子孫へと受け継がれています。

もしも本当にジャンクDNAが必要ないものであれば受け継ぐ必要が全く存在しないという以上に、複製する際のエラーを起こしやすくなるという意味で危険なものですらあると思われます。

 

そのため、本当にこの部分がジャンクであれば生物の進化によってすでに消えているはずでしょう。ジャンクDNAと呼ばれる部分も用途が不明なだけでなんらかの理由と役割を持っているというのが一般的な考えです。

 

 

 

 

記事を読んでいただきありがとうございます。

生物って本当に奇跡だと思いませんか?僕は生物は奇跡的に作られ、自分で進化するような仕組みを持っていたためここまで進化してきたと考えます。宇宙の中で生命体がいるのは地球だけなのでしょうか?そう考えると寂しくなってしまいますね。

仮に他の星に生命体が存在しているとしても、大きさや形などは人類と大きく異なっているのかもしれません。目にも見えない多次元の存在なのかもしれません。

皆さんは地球外生命体は存在すると思いますか?

 

 

おすすめ記事

 

riaimu.hateblo.jp

riaimu.hateblo.jp

riaimu.hateblo.jp

 

 

 

内容に間違いがあったり、誤字脱字を見つけは場合はコメントかTwitter@riaimu1222で教えてください。